2007・05
<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/28 (Mon) 到着。
ついに先週末ビアンキが届く。
泥除けをとってもらい、あわせて空気入れとチェーンを購入。
この自転車屋のおじさんは職人さんで、心から自転車が好きな人だ。
初めて見に行ったときもすごく熱心に説明してくれて、
生活スタイルや目的に応じて自転車を説明してくれた。

お店にはいつも、遠くから100万以上もする本格的な自転車に乗ってやってくる、
なじみの客が何人もいる。
コーヒー飲んだり、誰かがお土産に買ってきた御菓子を食べながらツーリングや天気のこと、新しい部品の話をしたり。
それはそれは楽しそうに!
はじめてのクロスバイクをこのお店で、おじさんから買えて本当に良かった。


9C269Hsh0045_I.jpg

 
天気も良かったので、取り急ぎ浅草まで行って、そのまま蔵前まで。
神保町に行こうとしたけど、蔵前の問屋街でバックのセールやってて、大きいの買っちゃったので挫折。
そのまま帰宅。

ものすごい軽くて、すいすい進む。速い。
今度はタイヤをもっと細いのに買い換えて、もっともっと速くしたい。

ゆっくりした有酸素運動だし長距離を走るほど足が細くなるそうな。
ママチャリは重いから、足に負担がかかり
どんどん足が丈夫に。。という恐ろしい話もおじさんが教えてくれた。
ジム行くより、よっぽど自分にあってる気がする。
チェレステがステキで、部屋においてる。かざってる。
スポンサーサイト

2007/05/21 (Mon) ビアンキ・ブルー
今日の午前中、自転車屋さんから電話あって
ビアンキの在庫あることが判明。即注文。

『VIALE』(カラー;チェレステ)

bianchi.jpg

 
~色の由来~
ビアンキの自転車は伝統的にチェレステ(伊:Celeste 碧空、天空)という色で着色される。
ビアンキ・ブルーと知られ緑色に近い青色で、このチェレステの色の由来はミラノ・ブルーと呼ばれている色。
先代のイタリアのマルゲリータ王妃の目の色から使ったという説がある。
実際、エドアルドは、1895年に王妃に自転車の乗り方を指導している。
また、ミラノの空の色を見て現地の職人が色を調合するとも言われている。
そのためチェレステカラーは毎年微妙に違った色になっている。


毎年違うんだって。。
即コンバージョンしちゃいました。
あ、でも実際の色は写真よりずっとずっとキレイ。

もちろん、性能も普通に良いので色んなとこいけます。
それはそれは、活用しますよ。

 

2007/05/14 (Mon) まだ動物がコトバを使っていた頃
東京テレポート駅まで、『ashes and snow』展に行ってきた。
グレゴリー・コルベールの写真を中心とした、映像・手紙形式の小説のアート。
映像のナレーションは天下の渡辺謙だ。

入場料は¥1,900もするので驚いたが、納得できる、むしろ安いくらいの値段だった。
いっこ難点をあげると、写真集などグッズの値段が高いこと。
それだけかな。

ものすごい絶妙なタイミングで、象や鷹・ヒョウと人間の姿が切り取られている。
しかも驚くことに、合成や画像修正など一切使用せずにカメラで一瞬一瞬を撮っていること。
まるで羽が生えたような少年の写真。
ちょうど後ろに鷹がいるのだ。
本物です。

神殿の中で女性の頭上をスレスレで、真ん中を飛び立っていく鷹。
海の上を象が泳いでいて、その真下さらに深くに人間が泳いでいる瞬間。

瞬きする間に見逃しそうな、そんな瞬間が写っている。
私には、なんにもコメントできない。


wing.gif
  


2007/05/09 (Wed) 今夜の晩酌、みずうみとクロスバイク
きちんとした、つまみを用意した晩酌が局地的に流行ってます。

▽メニュー▽
・京都で買った、ちりめん山椒ジャコ
・江ノ島で買った塩辛
・ヨーカドーで買った、かにみそ
3XR3XMsh0040_I.jpg


こういったメニューを続ければ確実にやせるだろう。

そして会社の近所にある、おしゃれディスカウント居酒屋「YAMAYA」にてもらった試飲ビール!
キリンの発泡酒で『良質素材』といいます。
赤いパッケージで、円熟のように洗練されてはいませんが
味は美味しかった。
ので、宣伝しときます。
ちなみに今月23日に発売だそうな。

昨晩、いしいしんじ『みずうみ』読み終わりました。。
ここ3年ぶりくらいの名作であり、大作です。
いしいしんじにしか書けない小説。

第一章~第三章が内容異なっているのに共通点が
たくさんあって。
1回じゃあ絶対に理解できない。
いや、でもそんなこと関係なくって、
この本はきっと感じていくものなので、これでいいのか~
ふかーいところで眠くなり、とても心地よかった。
けど一般ウケはしなそう。
でもそこがまた、いい。

いしいしんじも奥さんの園子さんも、ますます大好きになった。


そんな気持ちで本日は・・
先月より悩み中のお買物リストナンバー1に返り咲いた
”クロスバイク”。会社で、こそりクロスバイクユーザーがけっこういるので影響受けてしまいました。
自転車なら得意ですんで。
車も単車も周りから免許とるの大反対されたんで、
自転車しかないんで。
先輩は甲府にツーリングに行って
そのまま三鷹まで帰ってきたり。
ものすごい。

本日午前中にピークに達し、仕事そっちのけで
自転車サイトをネットサーフィン。。
先輩に薦められた新宿の専門店の地図を印刷。。

その後すぐ上司に呼ばれ、給料明細をもらう。
一気にテンション落ちる。
そりゃないわ・・・この三ヶ月。
自転車買えんわ。

でも見るだけは見てみようと思うので、
こそり専門店視察いってこようと思います。
ジオスとか、ルイガノとかシラスとか。

gios.jpg
 
↑ちなみにこのタイプだと重くて長距離には向かないそう。
でもかわいい・・ 


2007/05/01 (Tue) ばらっちから最後のカモメ~ル
先月亡くなった、鴨ちゃんこと鴨志田穣さんのお別れ会に行って来ました。
余命あと3ヵ月、と聞いて驚いていた矢先の訃報だったので本当にびっくりした。。

会場はパレスホテルのホールで、突然のスコールみたいな雨にも関わらず多くのファンや関係者が来てました。
入り口で白いカーネーションをもらい、列に並ぶ。
鴨ちゃんの生前の写真が大きく飾られている。

。。。痩せてて、病気の壮絶さが伺えて辛い。でも、すごいいい笑顔だった。
奥さんであるサイバラは、喪服を着て、でも赤いかんざしをさし参列者一人ひとりにお辞儀をしていて、目があったんだけど、ほほえんでくださった。
なんというか表情とか雰囲気がものすごく綺麗だった。
もともと顔立ちはかわいらしい方だったけど、なんだか内面からの美しさがさらに磨かれていた気がする。

アジアパー伝とか、怪人紀行シリーズを読めばすぐわかるけど、
本気で鴨ちゃんは壮絶な人だ。
鴨ちゃんがダンナさんで、ほんとーーーに色々と結婚生活は大変だったろう。
一度は離婚したけども復縁し、最後を看取ってそれはそれは激動だったと思う。
それでも子供を2人育て、家を建て仕事も頑張っており、かっこいい。

サイバラは最初と最後に挨拶をした。

「・・・イイ男でした。」


泣けました。。。
その言葉の重みと深さ、会場中に伝わって、最後は泣きながら御礼を言うサイバラにみんな拍手をおくっていた。

余命3ヵ月という事実がバレないように、サイバラはずっと鴨ちゃんに
「治ったら旅行行こう、こんなことしよう」と色々提案していたそうな。
でも後でわかったことだけど、鴨ちゃんは全部知っていた”ダマされたふり”をしていたということ。

いつも海外旅行に長期で出かけても、アル中で入院しても必ず最後は「帰ってくる」から、今後も長いたびに出たようなものでまたフラッと帰ってきそうな気がしているということ。

散々家庭では暴れていた鴨ちゃんだけど、最後の1年あまりは初めて穏やかな結婚生活、家庭生活を送れた事。
泣きながら話していた。

本当に、サイバラは素敵な女性だ。
美しい人、綺麗な人ってのは、こうゆうことなんじゃないかなあ。
恐縮だけど、鴨ちゃんが人生でしたことで一番ほめられることは、おそらく写真より文章よりも、サイバラを奥さんにしたことだと思う。そんなサイバラに「イイ男でした」と言わしめる、鴨ちゃんもやっぱりすごい。

ちなみに、『酔いがさめたら家に帰ろう』は映画化するそうだ。キャスティングは未定。
鴨の作詞でシアターブルックが作曲した歌が発表され、けっこう良かったので買おうと思う。

その夜こっそりと献杯をし、鴨ちゃんの冥福を祈った。




20070501141955.jpg
  


20070501143403.jpg
 

プロフィール

こぞう

Author:こぞう
日々のあれこれ。
アルバム的な感じで将来に残ればと思う。
おやつのような気軽な気分で読んで頂けますとうれしいです。

ただ今のテンさん

そらジロー

フリーエリア

月別アーカイブ

カクヤス

解析

解析

ヤフーショッピング

フリーエリア

ブログパーツ

逆アク

たまひよ

MARNA

ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



カテゴリー



ZOZO

最近の記事

ひまわり

フリーエリア

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。